ニキビは乾燥でできるタイプがある

ニキビができるのは、毛穴に汚れなどが詰まってしまうからだ。そう思っている人は非常に多いですし、ニキビができるメカニズムとしては合っています。また、汚れと言われるものの多くは、皮脂とされており、油っぽい顔の人は非常にニキビが出来やすい傾向にあります。

ですが、油っぽい顔の人はニキビが出来やすいと考えて、乾燥肌ならばニキビはできにくくなるのではないか、と思われるのは間違いです。実は、ニキビには乾燥によってできてしまうタイプのものがあるのです。ですので、皮脂が少なく、乾燥している肌の方でも十分にニキビの対策をしておかないと、大きな肌荒れの原因となってしまうこともありますので、要注意です。

また、ニキビが出来る理由としては、先ほど述べた通り、汚れが毛穴に溜まって生じるということなのですが、油っぽい肌とではそこまでの過程が違います。過程が違うことによって、肌のケアの方法は大きく変わってしまいますので、乾燥している肌が原因だから油分の多いクリームを使って、これ以上乾燥を防ごうとするような安易なケアの方法はしてはいけません。

乾燥肌には乾燥肌のニキビ対策というものがありますので、その方法をしっかりと理解して、適切な方法でニキビ対策を行うことが、自分自身の肌に一番いいケアの方法です。肌を大切にして、ニキビのような大きな肌トラブルが起きてしまうのを防いで、綺麗な肌のままで毎日過ごせるように心掛けましょう。

loading
×