油分の多いクリームはやめる

まず最初に、油分の多いクリームを使うことを止めるべき理由について説明します。そもそも、油分の多いクリームを使うような人はいるのでしょうか、ということが気になるかと思いますが、結構います。

乾燥肌がニキビを生じさせてしまう原因としては、皮脂が少ないために、皮脂膜がかなり薄くなってしまっており、そのために肌の角質層の水分がどんどん蒸発してしまい、角質がかなり渇いた状態になってしまいます。その渇いた角質は古くなって硬くなり、毛穴をどんどん細くしてしまいます。そのように細くなった毛穴に対して、本来ならば対して問題にならないような少量の皮脂であっても、簡単に詰まってしまう、というのが乾燥肌のニキビが生じるメカニズムです。

そこで、油分の多いクリームを使う方は、皮脂が足りていないのだから、油を一杯塗ればいいという安直な事を考えてしまうのです。そうすると、今度は皮脂膜を作ろうとする機能が弱まってしまい、結果的に乾燥肌を加速させてしまう、という最悪の結果を引き起こしてしまうのです。ですので、油分の多いクリームを使うスキンケアは、乾燥肌のニキビに対しては、全く効果が無いどころか、逆効果になる場合もあるので絶対に止めましょう。

loading
×